閉じる
Introduction

学園紹介

校長あいさつ

にこやかに、しなやかに、未来へ!
校長 平野 昌子

正門をくぐると左手に、桜の木立があります。その中に、創立者である武中武二先生の胸像と、校訓「にこやかに働け」と刻まれた石碑が建っています。

本校は、1927年、昭和2年、武二先生によって、「広く社会で活躍する女性を育てる」という目的をもって、当時東京では初めての5年制の女子商業学校として創設された学校です。1930年に発表された校訓について、武二先生は次のように記しています。

当時の我国の風潮としては、未だ勤労べっ視の傾向が残っており、特に女子の勤労に対して甚だしく、(中略)軽蔑の意味が含んでいたことなどに対する反抗として生まれたものであります。現在はかかる風潮は無くなったけれども、凡ての価値の基をなす勤労を尊び、にこやかに之に立ち向うことこそ、人として最も大切なことであると思っております。
そして、勉学もよき労働の前提として、之を包含させ、にこやかに働け、にこやかに勉学せよ、を声高らかに生徒に呼びかけるのであります。

「成徳学園物語」より

時代は昭和から平成、令和と変わり、女性が職業人として活躍することは特別なことではなくなりました。そして、「人生100年時代」が訪れようとしています。いま、十代を生きるみなさんは、まさに予測不能の未来を生きていくことになります。働き方も生き方も変化の多いものになっていくことでしょう。変化には不安が伴うものですが、そのときにこそ、にこやかに、しなやかに、学び続ける姿勢が、未来でたくましく生きる力を与えてくれると思います。

下北沢成徳高等学校は、幅広い、体験的な学びの機会を大切にしています。色々な人と出会い、多様な価値観に触れ、学ぶ意味、喜びを知る場所です。

私たちは、にこやかに学び、未来で輝き続ける女性を育ててまいります。

教育理念

創立者 武中武二

下北沢成徳の建学の精神は、1927年、創立者・武中武二が志した「広く社会で活躍する女性を育てる」に基づきます。そして「学ぶ人を育てる」「品性を育む」を教育目標に掲げ、今日まで実践してきました。また、学園・教師・生徒の間には「助ける精神」が養われているのも伝統の校風。学ぶ姿勢や品位、女性だからこそ必要な自主性や女性ならではの人を癒す力がこうして培われていきます。創立以来、90余年、生徒一人ひとりの可能性を限りなく伸ばしていく武中武二の志が、脈々と受け継がれています。

校訓

「にこやかに働け」 の由来(昭和5年4月1日発表)

女子商業学校として開設された本学園の校訓は「にこやかに働け」です。

創立者武中武二先生は校訓の由来として

「当時の我国の風潮としては、未だ労働べっ視の傾向が残っており、特に女子の勤労に対してははなはだしく、女事務員という言葉には、軽蔑の意味が含まれていたことなどに対する反抗として生まれた。現在はかかる風潮はなくなったけれども、凡ての価値の基をなす勤労を尊び、にこやかに之に立ち向かうことこそ、人として最も大切なことである。」と綴っており、その前提としての勉学を奨励する意味をこめてこの校訓を考えられました。この校訓が刻まれた石碑は、昭和29年3月に卒業生によって建てられ、現在は体育館へ向かう中庭に設置してあります。

校歌

作詞 武中武二
作曲 黒沢隆朝
若く強く 清きわれら
高き理想を 胸に秘めて
ゆるがぬ大地 静かに進まん
いざ友よ 進め のぞみの花を
もろ手にかかげ 正しく進まん
愛と誠に 燃ゆる心
やみを貫く 朝日のごと
光となりて 世界を照らさん
いざ友よ 進め
のぞみの花を
もろ手に かかげ
正しく進まん

校章

女子商業学校としてスタートした本学園の校章は、創立者の武中武二先生の出身校である東京商科大学(現一橋大学)の校章(マーキュリー)を参考にデザインされました。商業高校にふさわしく、マーキュリーはローマ神話の商業の神様であり、羽は「向上・活躍・理想」を表し、中央の杖は「安全・堅実・現実」を表しています。昭和23年の学制改革により、成徳中学・高等学校に生まれ変わった折に、校章も一部変更され、羽と杖のデザインはそのままにSEITOKUの文字が入ったデザインになりました。

沿革

創始者武中武二
昭和4年のバレーボールの様子
新校舎
1927年

創立者・武中武二先生、成徳女子商業学校を設立

1937年

生徒数、1,000名を突破

1945年

戦災により木造校舎焼失。鉄筋校舎のみ残る

1948年

学制改革により、成徳中学校・成徳高等学校となる

1950年

成徳高等学校、第1回卒業式

1951年

学校法人成徳学園となり、成徳学園中学校・成徳学園高等学校となる

1955年

私立女子校としては全国で初めて、産業(商業)教育研究校に指定される

1974年

商業科を廃止。普通コース・進学コースを設置

1976年

創立50周年記念事業としてせいとく幼稚園開園

1978年

アメリカ研修旅行開始

1982年

グリーンキャンプ開始

1986年

創立60周年記念事業として、軽井沢山荘が完成

1990年

国際理解コースを設置

1993年

コンピュータ教室を設置

1997年

国際理解・特進・綜合・日本文化の4コース設置

2002年

国際理解・文理の2コース設置
オーストラリア修学旅行開始

2003年

下北沢成徳高等学校に校名を変更

2004年

新制服採用

2005年

新校舎完成

2006年

創立80周年記念式典を挙行

2007年

3コース制(特進・進学・国際)の設置

2011年

クォーター制導入

2017年

創立90周年記念式典を挙行

入試 個別相談