学校案内

校長あいさつ

にこやかに、しなやかに、未来へ!

理事長・校長 田中暎二


 正門をくぐると左手に、桜の木立があります。その中に、創立者である武中武二先生の胸像と、校訓「にこやかに働け」と刻まれた石碑が建っています。

本校は、1927年、昭和2年、武二先生によって、「広く社会で活躍する女性を育てる」という目的をもって、当時東京では初めての5年制の女子商業学校として創設された学校です。1930年に発表された校訓について、武二先生は次のように記しています。

 当時の我国の風潮としては、未だ勤労べっ視の傾向が残っており、特に女子の勤労に対して甚だしく、(中略)軽蔑の意味が含んでいたことなどに対する反抗として生まれたものであります。現在はかかる風潮は無くなったけれども、凡ての価値の基をなす勤労を尊び、にこやかに之に立ち向うことこそ、人として最も大切なことであると思っております。

 そして、勉学もよき労働の前提として、之を包含させ、にこやかに働け、にこやかに勉学せよ、を声高らかに生徒に呼びかけるのであります。
(「成徳学園物語」より)

 時代は昭和から平成、令和と変わり、女性が職業人として活躍することは特別なことではなくなりました。そして、「人生100年時代」が訪れようとしています。いま、十代を生きるみなさんは、まさに予測不能の未来を生きていくことになります。働き方も生き方も変化の多いものになっていくことでしょう。変化には不安が伴うものですが、そのときにこそ、にこやかに、しなやかに、学び続ける姿勢が、未来でたくましく生きる力を与えてくれると思います。

下北沢成徳高等学校は、幅広い、体験的な学びの機会を大切にしています。色々な人と出会い、多様な価値観に触れ、学ぶ意味、喜びを知る場所です。

私たちは、にこやかに学び、未来で輝き続ける女性を育ててまいります。