2019/07/27

【オーストラリアより】修学旅行レポート⑥

国際コースからプチ留学2日目の様子が届きました。
=====
今日はバディーと共にタロンガ動物園に遠足です。
タロンガ動物園は1916年に開園したシドニーで最も歴史があり、オーストラリアの中で最も大きい動物園として知られています。なんと飼育されている動物は350種以上、約4000頭!園内からはシドニー市内も一望でき、壮大さを感じます。

オーストラリアを代表するカンガルー・ワラビー・エミューは放し飼いにされているので、自然に近い姿を見ることができました。

また鳥も多く、私たちのすぐ近くを通過していきます。初めて見る大きな鳥にビックリ!
バードショーでは訓練された鳥たちが芸を披露したり、私たちの頭上スレスレを低空飛行し、その迫力に圧倒されました。

敷地の広い園内を巡り、最後はゴンドラに乗って、入り口まで戻りました。眺めも最高!

週末はホストファミリーと共に過ごします。それぞれどのような時間を過ごすのでしょうか?月曜日に話を聞くのがとても楽しみです。

=====
最後の写真にはオーストラリアの国の花「アカシア(ミモザという呼び名の方が馴染みがありますが)」を手にしていました。
本校にも「アカシア」が植えられていますし、1階にあるホールにも「ミモザ」の名前がつけられています。今回訪問しているランドウィックの生徒が本校に来校した時に母国を思うことができるようにという気持ちが込められています。生徒たちも「学校で咲く花だ」と気が付いてくれたでしょうか・・・