教育内容

2020年入試改革への取り組み

どのように変わるのか?

現在の入試は【知識・技能】が習得できているかを評価することに重点を置いています。

しかし、2020年からは「自分の考えを相手に伝える力」を育むために、次に挙げる学力の3要素が習得できているかを評価することに重点を置くように変わります。

たとえば、国語や数学は今までマーク式だけでしたが、記述問題が入り、英語の試験は「話す・聞く・書く・読む」の4技能をはかるために、将来的に外部試験を導入することが検討されています。英語の試験については2020年から移行期間となりますので、外部試験を導入する私立大学も出てくる可能性があります。

学力の3要素

①知識・技能

②思考力・判断力・表現力

③主体性・多様性・協働性

本校の取り組み

本校ではすでに取り組みを始めています。以下の代表的な取り組みの他に、各教科でのアクティブラーニング型授業も行っています。2020年に向けて、しっかりとした対策ができるよう、進路指導部と連携を取りながら授業改革を進めています。

 

各コースでの取り組み

 

国際コース

GTEC for STUDENTSの導入

 
 4技能を磨くためのアクティビティを毎日日替わりで行っています。また、「話す・聞く・書く・読む」を試すテストを導入し、その成果を試しています。このように4技能をしっかり身につけ、大学入試に対応できる力を養っていきます。

 

特進コース

入試に向けたカリキュラムの改訂

 
2020年入試改革の中心となる記述式の問題への対策を十分できるような授業を取り入れるなど、新しい形式の試験に対応したカリキュラムを設定します。

 

進学コース

企業探究プラス・ワン・プロジェクト

 
学力の要素として含まれる、「問題について自分で判断し、他者と関わりながら主体的に学ぶ力」を育む
「プラス・ワン・プロジェクト」を中心に充実させます。

※企業探究・・・企業の方から課題を与えられ、その課題に対し、チームで解決方法を探り、プレゼンテーションの形で発表・提案する授業。本校では5年目の取り組みとなり、4年連続全国大会出場、2年連続企業賞を受賞している実績のある授業。

 

学校全体の取り組み

いっしょにつくる(価値共創)

「いっしょにつくる」とは、学校と生徒がいっしょになって学校づくりに携わる教育プログラムのことです。さまざまな活動を生徒が中心となってつくりあげることで、自分たちで考え、判断し、行動する力が身につきます。本校には、生徒が主体的に活動できる環境、また、一人ひとりが活躍できる場がたくさん用意されていますので、奮って参加してください!

【例①    生徒会】

生徒会が担う大切な役割が「生徒総会」。毎回活発なディスカッションが行われ、意見や要望が学校生活に活かされています。例えば、トイレの改修やリュックが導入され、来年からはポロシャツの導入も決定しました。これらはすべて生徒総会で出た要望でした。

【例②    体育祭プロジェクト】

体育祭は私たちがつくる!毎年100人規模のチームで競技の選定や競技図の作成、用具づくりなど体育祭の準備を進めます。もちろん、当日の運営もすべて体育祭プロジェクトが行いますので、用具の出し入れや審判や放送、オーロラビジョンへの投影なども当日の仕事として行っています。閉会式では「達成感」にあふれるメンバーの涙と笑顔が感動的です。

【例③     成徳メイト】

学校説明会で受験生のみなさんをお迎えしているのが成徳メイトです。受付や校舎見学のガイド、説明会の中でプレゼンテーションをすることもあります。プレゼンテーションの力、立ち居振る舞いや言葉遣い、身だしなみについても学びます。

国際理解教育

修学旅行や留学、海外の学校との校内交流など、実際に英語を話す環境に身を置くことで、他者と主体的に関わる姿勢や相手に思いを伝えるための表現が身につきます。

国際理解教育について詳しくはこちらをご覧ください。

 

詳しくは学校説明会にてご説明いたします。ぜひ、ご来校ください!