学校案内

校章・校歌・校訓

校章の由来

校章女子商業学校としてスタートした本学園の校章は、創立者の武中武二先生の出身校である東京商科大学(現一橋大学)の校章(マーキュリー)を参考にデザインされました。商業高校にふさわしく、マーキュリーはローマ神話の商業の神様であり、羽は「向上・活躍・理想」を表し、中央の杖は「安全・堅実・現実」を表しています。昭和23年の学制改革により、成徳中学・高等学校に生まれ変わった折に、校章も一部変更され、羽と杖のデザインはそのままにSEITOKUの文字が入ったデザインになりました。

校歌の由来(昭和5年4月1日発表)

校歌校歌は創立者の武中武二先生が作詞し、作曲は当時音楽の講師を務めていた黒沢隆朝先生にお願いしました。

作詞にあたり武中先生は「人生を渡っていく上において、最も大切で、しかも永久不変の教訓を選び出し、これを歌詞として、たやすく、やわらかく織りつづっていくことにしました。そして、校歌を事ある毎に歌わせて、その教訓が、いつか自然に心身に沁み込むように思って作った」とその気持ちを綴っており、作詞にあたっての熱い思いが伝わってきます。校歌にある「のぞみの花」は現在も同窓会(のぞみ会)や学園祭(のぞみ祭)、バレー部の横断幕などに使われており、本学園を象徴することばと言えます。

 

 

校訓 「にこやかに働け」 の由来(昭和5年4月1日発表)

校訓女子商業学校として開設された本学園の校訓は「にこやかに働け」です。

創立者武中武二先生は校訓の由来として

「当時の我国の風潮としては、未だ労働べっ視の傾向が残っており、特に女子の勤労に対してははなはだしく、女事務員という言葉には、軽蔑の意味が含まれていたことなどに対する反抗として生まれた。現在はかかる風潮はなくなったけれども、凡ての価値の基をなす勤労を尊び、にこやかに之に立ち向かうことこそ、人として最も大切なことである。」と綴っており、その前提としての勉学を奨励する意味をこめてこの校訓を考えられました。この校訓が刻まれた石碑は、昭和29年3月に卒業生によって建てられ、現在は体育館へ向かう中庭に設置してあります。